慰謝料請求における交通事故の事案 - 初めての慰謝料請求で必要なこととは

初めての慰謝料請求で必要なこととは > 慰謝料請求における交通事故の事案

慰謝料請求における交通事故の事案

交通事故にあってしまった場合慰謝料請求を行うことができるケースがあります。
相手に過失がありそして自分に何か被害があった場合には慰謝料を請求できます。
慰謝料の内容は交通事故によって受けた被害の内容によって違ってきます。

慰謝料の金額は交通事故によって受けた精神的苦痛によって判断されるものとなりますが、なかなか精神的苦痛を数字で判断するのは難しいのです。
そこで慰謝料の基準として3つの基準があります。
それが自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準です。

最初の自賠責保険基準についてですが、自賠責保険に基づいた基準で自賠責保険とは自動車を運転する人が必ず加入しなくてはならない保険のことです。
まず最初に自動車事故を起こした場合にはこの自賠責保険から支払いが行われることとなります。
ですのでこの自賠責保険基準は最低限補償基準であり最も低い基準として機能しています。

そして次に任意保険基準ですが、自賠責保険に入っていてもそれだけではカバーできないところをカバーするために任意で加入するのがこの任意保険です。
自賠責保険よりも基準としては高くなります。
ですが任意保険を扱っている保険会社によって基準は異なり、そしてまた非公開なので確認できないという部分もあります。

最後に弁護士基準ですがこれは裁判所基準とも呼ばれていて公正であり客観的な判断に基づいている基準です。
高額な基準となっています。

また交通事故によって後遺症状があった場合には更に高額な慰謝料を受け取ることができます。
後遺症状とは交通事故にあったために残ってしまった機能障害や神経症状のことなどを指します。
症状の重さによって等級が分かれています。
この等級の認定によってもまた慰謝料の金額が変わってくることとなります。

後遺障害がある場合には弁護士に依頼を行って慰謝料請求をした方がより高い金額の慰謝料を受け取ることができるでしょう。
また弁護士を選ぶ際にも交通事故の案件に強い弁護士を選ぶ必要があります。