慰謝料請求は書面にて行う - 初めての慰謝料請求で必要なこととは

初めての慰謝料請求で必要なこととは > 慰謝料請求は書面にて行う

慰謝料請求は書面にて行う

相手に対して慰謝料請求を行う場合には必ずまず最初に書面にて行うようにしてください。
書面にて確かなことを残しておかなければ後々お互いの言い分が食い違ってしまっているなんてこともあり得ます。
慰謝料請求では最初に内容証明にて請求を行う必要があります。
もちろん口頭で慰謝料請求を行ったうえで慰謝料を受け取ることができればいいのかもしれませんが、ですが直接口頭で慰謝料請求をしたことによってお互いが感情的になってしまい最終的には暴力沙汰になってしまったというケースも存在しています。
ですので内容証明を贈るというのが一般的でしょう。

内容証明をかくにあたって注意するポイントがあるのでその点は気を付けてください。
内容証明郵便では文字数や行数に制限があります。
横書きで送る場合には1行20文字以内であり1枚26行以内であること、または1行13文字以内であり1枚40行以内であること、または1行26文字以内であり、1枚20行以内であることと定められています。
そして縦書きの場合には1行20文字以内であり1枚26行以内であることと定められています。
このように形式には注意が必要なのです。
市販されている内容証明郵便の原稿用紙を使う場合には特に問題ありませんが、パソコンで作成を行う場合には注意が必要となります。

また内容証明郵便が2枚以上となる場合には契印が必要となることも覚えておいてください。
内容証明郵便は同じものを3通用意する必要があります。
相手方に発送されるもの、郵便局で保管されるもの、自分自身で保管するものという内容になっています。
郵便局で保管されますから後々何かもめるようなことがあったとしても内容の証明を郵便局で保管されている書面で証明することができるようになっています。

また発送する際には配達証明付きで発送するようにしてください。
配達証明を付けておけば相手が受け取ったかどうかを知ることができるので付けるようにしてください。

詳しくはこちらから弁護士に相談