慰謝料請求の方法 - 初めての慰謝料請求で必要なこととは

慰謝料請求の方法

配偶者の方が有責である為に離婚をするということになり、そしてその際に有責なので慰謝料請求が生じた場合、この慰謝料請求は慰謝料を相手に対して請求することができるという権利を得たということになります。
その権利だけでは慰謝料をもらうことができません。
相手に対して慰謝料請求を行いそしてそれを認められたうえで慰謝料を支払ってもらうことができる物なのです。

慰謝料を請求する方法としてはいくつかの方法があります。
一番簡単なものとして直接相手に対して口頭で請求するというものですが、これはお勧めできません。
口頭で請求を行っているうちに言い争ってもめて暴力沙汰に巻き込まれてしまう可能性もありますし、またその場では同意をしたとしても後から言った言わないといったことでもめてしまう可能性もあります。
また逆に言い方次第で脅迫や恐喝であると訴えられてしまう可能性もあります。
ですからできるだけ書面で請求すべきだと思います。

内容証明という書類によってきちんとした形式で慰謝料請求を行うべきなのです。
どうしても応じないのであれば調停や裁判に持ち込むという方法があります。
内容証明によって請求する場合には手紙の全文が郵便局にも保存されますし配達証明を着けると受け取ったという事がわかりますので、手紙を受け取っていないというような言い逃れもさせません。

調停申し立てを行って慰謝料請求する場合には争いなどなく和解するだろうという際に行った方が良いですね。
裁判によって慰謝料請求する場合には裁判所に対して訴状を書いて提出して依頼するというもので、弁護士に依頼して進めてもらうことがよいでしょう。
必ず弁護士に依頼しなくてはならないというものではありませんが、依頼したほうが良いといえます。

最初はとにかく内容証明を出してみて、それで解決しなかった場合には弁護士に依頼するという方法がお勧めですね。
なかなか和解できなかったことを自分で解決しようとするのは難しいです。