慰謝料請求のケース別事案 - 初めての慰謝料請求で必要なこととは

初めての慰謝料請求で必要なこととは > 慰謝料請求のケース別事案

慰謝料請求のケース別事案

結婚して夫婦として生活してきたけれど様々な事情によって離婚をするという決断を下した夫婦もたくさんいらっしゃいます。
そして離婚の際に慰謝料が発生するものとして離婚事由において精神的や肉体的苦痛を与えられるような行為をされた場合には被害を被った側が苦痛を与えた側である配偶者に対して離婚する際に慰謝料を請求することができるのです。
そしてその精神的や肉体的苦痛のケースとして複数のケースが考えられます。
またケースごとによって慰謝料の相場も変わってきますからケース別に紹介していきますね。

まずは不貞行為、つまり浮気、不倫を行った場合です。
今まで信頼してきた配偶者に裏切られたという気持ちが強いですし、実際に多くの方が配偶者の不貞行為によって離婚を選択しています。
一般的には不貞行為による離婚の場合は慰謝料の相場は100万円から500万円と言われています。
ですがその中でも不貞行為を行った回数や期間、経緯、配偶者が受けたダメージによって慰謝料の金額が変わってくるようです。

また身体的、精神的ダメージを受けた場合にも慰謝料が発生します。
いわゆるDVですね。
DVを受けていたことが原因で離婚する場合にはDVをした相手に対して慰謝料を請求することができます。
50万から500万が相場で受けたケガの具合によっても金額は異なります。

それから悪意の遺棄の場合というケースがあります。
具体的に言いますと例えば夫婦で生活していくはずなのに一緒に住むことを拒否され続けたことによって離婚するというケース、また働いていて収入があるのにその収入の中から生活費を負担しない場合などのケースがあげられます。
内容にもよりますが相場は50万から300万とされています。

そしてその他にはセックスレスが原因で離婚となったというケースもあります。
夫婦ならば夫婦生活も大切です。
それをおろそかにしたことによって相手に精神的苦痛を与えているケースも多く慰謝料が発生した事例があります。

時は金なりということわざの通りで、時は命以上の価値があります。時間をお金で買うことが出来るのでしたら、人生の時間はそれだけ増えるのです。
お金で時間を買う少ないかも知れませんが、仕事を誰かに頼む、移動手段を最短時間のものにするなどが代表的かと思われます。
特に、時間をかけたことで失敗するのが人間関係。当人が顔を見て話すと怒りが増すことになるからです。

このようなトラブルは、誰かに頼みましょう。法律なら弁護士へ、証拠が必要なら探偵を仙台で頼む事をおすすめいたします。
確実に言えることは、第三者の目で公正な判断に委ね、少しでもストレス解消に勤めるべきであるのです。